バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスの説明【通販ショッパー】

個人輸入通販で購入できるバルトレックスには、グラクソ・スミスクライン社の先発品の他、バルクロビルやバルシビルなどのジェネリックがあります。ベストケンコーやオオサカ堂、お薬なびなどの大手サイトでは数種類取り扱っていますので、口コミやレビュー、価格を比較して通販してみてください。

バルトレックスは、ウイルスのDNAの模倣を阻害する薬で、DNAのコピーを阻害することで、ウイルスの繁殖を抑制します。バルトレックスは、パーソンの細胞やDNAに悪影響を及ぼすことはありません。バルトレックスは、主に単純ヘルペスの治療に取り入れられています。単純ヘルペスは、一般的にヘルペスと呼ばれる病気です。唇に発生した場合は口唇ヘルペス、性器に発生した場合は性器ヘルペスと呼ばれます。

性器ヘルペスの接触感染のリスクを抑えるにはコンドームが有効ですが、コンドームでは防げない場所にも現れることがあるので注意が必要です。バルトレックスは、ヘルペスウイルスに対する接触感染治療薬(抗ウイルス剤)です。バルトレックスは抗ウイルス薬であり、血中のウイルス量を止めることで、表皮の状態のエスカレートや皮疹の出発を抑えます。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、体内でアシクロビルに置き換わります。アシクロビルは、DNAの構成要素の一つであるdGTPに非常によく似ており、ウイルスに感染した細胞内でリン酸化され、dGTPの代わりにDNAに取り込まれてしまいます。アシクロビルをdGTPと間違えて取り込んでしまったDNAは、正常に製造できるようになり、消滅します。バルトレックスは、ウイルスの活性化を抑える働きがあるため、症状の改善だけでなく、再発の防止にもつながります。

日本では2000年から医療用透視薬としてバルトレックスが販売されており、特にヘルペスの治療においては多くの医療機関で使用・導入されています。年間6回以上の性器ヘルペスを発症した対象者に、バラシクロビルまたはプラセボ(効果のない偽薬)を1日1回、52週間投与した結果、バラシクロビルを服用した人は、プラセボを服用した人に比べて、再発のリスクが71%減少しました。

バルトレックスは、ヘルペス、水痘、帯状疱疹に有効な治療薬で、ウイルスの増殖を抑制するとともに、表皮の強度を低下させて正常な状態に回復させます。ヘルペスの初期段階では、違和感やヒリヒリした感覚があり、ヘルペスを再発したことがある人は、皮膚症状が出る前にその匂いを感じることがあります。これらのヒリヒリした感覚があるうちにバルトレックスによる治療を開始すれば、ヘルペスは簡単に治ります。

バルトレックスの有効成分はバラシクロビルで、これは抗ヘルペス薬ゾビラックスを改良したものです。体内の酵素の働きによって薬効が発揮される仕組みになっており、治療が必要な部位に効果的に作用します。バルトレックスは、単純ヘルペス、帯状疱疹、水痘、性器ヘルペスに使用できます。これらの疾患では、皮膚や粘膜に紅斑や水疱が生じ、神経に沿って痛みが生じます。