フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアの説明【通販シートル】

フィンペシアには着色料であるキノリンイエローは含まれていません。キノリンイエローは、公称タールを原料とした合成着色料(タール調)で、日本では黄色203号として外用薬や化粧品にも使用されています。フィナロイドなど他のジェネリックにもキノリンイエローは含まれおりません。

AGAの原因となる5αリダクターゼには1型と2型の2種類があり、1型は皮脂腺に多く存在し、2型は頭頂部や生え際の無数の毛根に存在します。5αリダクターゼは、男性ホルモンの一種であるテストステロンと結合してDHT(ジヒドロテストステロン)となり、毛母細胞(髪の毛の元)を攻撃します。有効成分であるフィナステリドは抗酸化剤です。

フィンペシアの有効成分のフィナステリドは、5αリダクターゼII型酵素に作用して、DHTに変換されるのを阻害します。フィナステリドは体内の5αリダクターゼII型にのみ作用するため、他のホルモンには影響を与えず、安全性が非常に高いのが特徴です。そのため、長期間にわたって体内に取り入れることができ、長年愛用している方も多くいらっしゃいます。

フィンペシアは、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)との併用もおすすめです。さらに有効性を高めたい方には、フィンサバやツゲインなどの他の薬剤との併用がお勧めです。フィンペシアは、AGA治療薬として人気の高いプロペシアのジェネリック医薬品で、1錠30~40円という低価格で購入できることから、プロペシアから乗り換える方も多いようです。

フィンペシアの効果は、男性型脱毛症(AGA)の進行を遅らせたり、その方法を変えたりすることです。プロペシアと同じ成分を同じ容量で配合していますので、同じ効果を低価格で期待できます。AGAの原因は、髪の毛の乏しさや抜け毛に関わる男性ホルモンの一種である「DHT」という物体です。

フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、このDHTの働きを抑えることで、発毛・育毛を促進します。フィンペシアの販売元であるシプラ社は、キノリンイエローを使用していないと思われる「キノリンイエローフリーフィンペシア」の販売を開始しました。オオサカ堂やベストケンコーで販売されているフィンペシアは、長年の混入によるキノリンイエローの表現が気になる方でも安心して使用できる商品です。

注意点としては、有効性を維持するためには継続して服用する必要があるということです。フィンペシアの服用を中止すると、1年程度で増えていた髪が服用開始前の状態に戻ってしまうことが確認されていますので、効果を維持するためにもフィンペシアの服用は継続するようにしてください。

プロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドは、経口のAGA治療薬として使用されていますが、AGAの修正に対する有効性は区別がつきません。抜け毛や薄毛の原因となる5αリダクターゼという酵素を阻害し、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぐことで、AGAの進行をストップさせます。