ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックの説明【クスリロイヤル 通販】

ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質です。アジスロマイシンは、細菌の70Sリボソームに結合し、タンパク質合成を阻害します。安全性が高く、妊娠中の女性でも服用できると言われています。そのため、ジスロマックの口コミ評価は高く、個人輸入代行を利用した通信販売で購入されています。

クラミジア以外の病気に対する有効率は、ジスロマックが日本で承認された際の臨床試験で証明されています。臨床試験で明らかになった各疾患に対するOK率は、歯周病が85.9%、肺炎マイコプラズマが98%、副鼻腔炎が100%となっています。ジスロマックは、歯周病、呼吸器系、皮膚炎、泌尿器系、さらには性感染症など、非常に幅広い疾患の治療に使用されています。

ジスロマックは、有効成分としてアジスロマイシンを含むマクロライド系抗生物質です。ファイザー社が進化させて販売している「ジスロマック」は、クラミジアや淋病などの細菌による接触感染に影響を与えるマクロライド系抗生物質で、主成分としてアジスロマイシン水和物が混入されています。ジスロマックは、淋病、クラミジア、急性気管支炎、副鼻腔炎、歯周炎、喉頭炎、扁桃炎、中耳炎、肺炎、リンパ管炎・リンパ節炎、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患、尿道炎に至るまで、細菌によって生じる炎症の治療に引用されています。

ジスロマックのクラミジアに対する有効性は、承認時に計画されていた臨床試験で証明されています。クラミジアによる尿道炎および子宮頸管炎の患者様108名に、大容量の「ジスロマック」(有効成分1,000mg)を投与した結果、90.7%のお客様の症状が改善されました。ジスロマックは、呼吸器系の接触感染症、クラミジアや淋病などの性感染症(尿道炎・子宮頸管炎)、皮膚科・耳鼻科・歯科領域での接触感染症と呼ばれるものなど、非常に膨大な種類の感染症の治療に世界中で多く使用されています。

クラミジア菌の場合、抗生物質が効くのは、まず軽く3~4日の間隔で襲ってくる細胞解体の最後の一歩の時だけです。この間に飲み忘れなどで抗生物質の作用が弱まってしまうと、抗菌作用が大きく低下してしまいます。ジスロマックは最も強力な抗生物質の一つであるはずなので、非常に少ない服用回数で細菌性接触感染症を治療することができます。

マクロライド系抗菌薬は静菌剤のような働きをすると言われていますが、ジスロマックは1回の服用容量で高い価格効果が得られるため、殺菌剤のような働きも可能です。また、ジスロマックは、歯周病やマイコプラズマ肺炎の治療にも高い効果が認められており、数種類の接触感染症の治療にも有効です。ジスロマックは、体内での細菌の増殖を防ぐため、細菌による炎症の症状を改善します。また、ジスロマックはバクテリアの発生を防ぐだけでなく、バクテリアに対する健康上の免疫反応を妨げるため、より早く炎症の緩和を受けることができます。