グルコバイ50mg(アカルボース)

 

 

 

オルリガル(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

グルコバイの説明【通販ダイレクト】

減量目的でグルコバイを使用する人が増えてきており、ベストケンコーやオオサカ堂などの大手個人輸入代行サイトでも最近購入される方が多いです。ドイツのバイエル社製のグルコバイ正規品の他、ジェネリックのリボース(Rebose)などもネット通販で入手可能です。グルコバイ50mgでも1錠50円ほどですので比較的リーズナブルです。

グルコバイにはα-アミラーゼを阻害する機能があり、食後の血糖値の上がりすぎを防ぎます。正常な血糖値打を守ることは、目先の病気の治療だけでなく、命に関わる病気の予防にもつながります。太ると、血糖値を下げるインスリンの力が低下するため、糖尿病を悪化させます。

食後の高血糖を改善する効果があるため、糖尿病による食後の高血糖を改善したい場合は、グルコバイを服用すると良いでしょう。有効成分のアカルボースが、小腸の微絨毛膜にあるグルコセントラミラーゼなどの酵素を阻害し、水や唾液に含まれるαアミラーゼも阻害することで、食後の圧倒的な血糖値の上昇を抑えることができます。

副作用としては、腹部膨満感や鼓腸、下痢、腹痛、便秘、おならの増加、軟便の回数増加などがあります。重大な副作用としては、低血糖症、腸閉塞、肝機能障害、黄疸などが考えられます。減量目的でグルコバイを使用する時でも用法用量をしっかり守り、問題がないかしっかりモニタリングしてください。

グルコバイは、食後の血糖値の上昇を抑える薬で、1日の血糖値をキープすることで、糖尿病の治療や減量に役立ちます。糖尿病の食後過血糖の改善に有効です。しかし、食事療法や運動療法を行っても血糖値の指令をたっぷりと受けられないスタイルの場合や、購入者が食事療法や運動療法に加えて経口血糖降下剤やインスリン製剤を使用しており、血糖値の指令をたっぷりと受けられない場合にのみ使用することができます。

摂取した糖質を抑えることができる糖尿病治療薬がグルコバイです。従来の糖尿病薬は、血糖値の集計を下げることで効果を発揮しますが、グルコバイは糖の把握を阻害することで血糖値を下げなければなりません。グルコバイはインスリンの分泌に直接作用しないため、膵臓に負担をかけません。血糖値を下げるホルモンであるインスリンのように、根本的に血糖値を吸収する作用はありません。

通常の使用目的では、グルコバイは1回100mgを1日3回、食前に服用します。グルコバイを初めて使用する場合は、50mgから開始し、耐容性があることを確認してから100mgに増量してください。有効成分のアカルボースは、1973年にドイツのバイエル社が開発した成分です。小腸粘膜に存在するα-グルコシダーゼという酵素は、食事内容に留まる糖質や炭水化物を、高血糖の原因となるブドウ糖を分解する働きがあるとされています。