スピロテロール40mcg(クレンブテロール)

 

 

 

リオサイトメル25mcg(リオチロニンナトリウム)

 

 

 

 

 

スピロテロールの説明【通販サイクル】

スピロテロール(Spiroterol)は、オオサカ堂やオランダ屋からネット通販で購入できる気管支拡張剤です。海外個人輸入している方の多くは短期間で減量する目的で購入しています。レビューでは非常に高評価で、多くの購入者が満足のいく結果を報告しています。適度な筋力トレーニングや有酸素運動と組み合わせることで理想的な体作りをサポートしてくれます。

スピロテロールは、クレンブテロール塩酸塩を有効成分とする気管支拡張剤です。非ステロイド薬なので、ステロイド特有の副作用がないのが特徴です。スピロテロールの主成分であるクレンブテロールは、気管支を拡大し、喘息発作を予防する効果があります。交感神経だけを残すβ負荷薬の一つに分類され、その中でも第3世代と言われています。

スピロテロールは、気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、肺気腫などの呼吸器系原因疾患の促進に使用できる薬剤。先発医薬品の一種であるスピロペントを基に設計された薬剤であるため、スピロペントと同様の作用が期待できます。スピロペント錠のジェネリック医薬品で、半額以下で購入することができます。

スピロテロールは、日本で承認されているスピロペント錠の有効成分である「クレンブテロール塩酸塩」を配合したお薬です。スピロテロールの有効成分であるクレンブテロールは、β2受容体を刺激して気管支を伸ばすことで、息苦しさを和らげ、つらい咳を和らげる効果があります。また、繰り返しになりますが、膀胱のβ2受容体を駆り立てて筋肉を細くし、腹圧性尿失禁の治療に用いることができます。

クレンブテロールはアドレナリン系のβ2受容体に作用し、気管を広げて呼吸を楽にしたり、尿道の筋肉を引き締めたりするとされ、喘息や気管支炎、失禁などに使用されます。気管支を発達させることで、より多くの酸素が取り込まれるようになり、動きがよくなるというわけです。本製品の有効成分はクレンブテロールで、β2刺激剤として作用しています。

筋肉量を落とさずに痩せるには最適な薬ですが、スピロテロール(クレンブテロール)だけを飲んでいれば痩せられるというわけではなく、運動で分解した脂肪を消費する必要があります。クレンブテロールには、筋肉の断片化を抑える効果もあり、減量時のカタボリズム(脂肪ではなく筋肉の断片化を主に消費してしまう効果)から守るのに有効です。

気管平滑筋のβ2受容体に働きかけることで、狭くなった気管支を伸ばして拾い上げ、スムーズな呼吸ができるようにします。これにより、アレルギー反応による喘息や咳などの症状が緩和され、息苦しさから解放されます。運動とダイエットを同時に行うと、脂肪だけでなく筋肉も減ってしまうカタボリック現象が起こります。スピロテロールはカタボリズムを防ぐので、筋肉量を維持しながらカロリー制限をするのに適した薬といえます。