アボダート(デュタステリド0.5mg)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アボダートの説明【通販 アジール薬局】

ザガーロと同一成分配合のアボダート(Avodart)はネット通販で購入可能です。オオサカ堂やJISAでは、1箱30錠入りを3,500円、3箱セットを8,700円ほどで販売しています。通販最安値かつ送料無料でご購入されたい方はこれらのショップをご利用ください。

アボダートの主成分であるデュタステリドは、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンを抑制することで、肥大した前立腺を小さくする効果が期待されています。アボダートは、DHTの増殖によって引き起こされるAGA(男性型脱毛症)にも効果があると言われています。

アボダートはAGA(男性型脱毛症)にも効果的で、AGAの原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)を自然に抑制し、少ない髪の毛の見た目を改善することができます。抜け毛を抑えるだけでなく、発毛・育毛効果の面でもこれまでの育毛剤よりも高い効果が期待できる製品です。副作用が少なく、安心して投与することができると研究報告されています。

デュタステリドを主成分とすることができる育毛剤のアボダートは、悪玉男性ホルモンDHTに起因する薄毛(男性型脱毛症:AGAの)に効果てきです。AGAの原因は、5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンのテストステロンにくっついてジヒドロテストステロンを生成し、髪の成長サイクルを乱すことにあります。この酵素の働きは2つの仕様に分けられます。1型の5αリダクターゼは主に皮脂腺に存在し、脂性毛のお客様に多く見られる酵素です。

アボダートは、前立腺肥大症の治療薬として米国FDAに認定されている先発医薬品です。日本では、「アボダート」は「アボルブ」という商品名で前立腺肥大症の治療薬として処方されています。国内では、デュタステリドを含むアボルブが2009年に前立腺肥大症の治療薬として導入され、2016年からはデュタステリドを含むが販売評判が異なる「ザガーロ」として、男性の男性型脱毛症(AGA)に活用されています。

男性の男性型脱毛症に対して、デュタステリド0.5mgを1日1回服用した場合、偽薬(プラセボ)を服用した場合と比較して、24週間後の頭頂部内側円(直径2.54cmの円内)の毛髪量が、偽薬では減少したのに対し、デュタステリドでは2倍に増加しました。また、男性の男性型脱毛症のお客様の高DHT濃度も、デュタステリド1日0.5mgを24週間服用することで、血清DHT濃度が90.9%減少し、緩和されることが確認されています。

プロペシアの有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼ酵素の2型を阻害してDHT生成を抑制し、脱毛を抑制しますが、アボダート0.5mgの有効成分デュタステリドは、5αリダクターゼ酵素の2型をフィナステリドの3倍の強さで阻害するだけでなく、1型にも作用します。デュタステリドは、5αリダクターゼの2型をフィナステリドの3倍強く阻害・強制するだけでなく、1型への作用も期待でき、DHTの産生をより高いレベルで抑制することが可能です。