フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンカー5mg(プロスカー・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロイドの説明【通販ヘルパー】

2018年の発売から個人輸入で人気のフィナロイド(Finalloyd)。フィンペシアよりもわずかに値段が安く、商品クオリティに違いがないためフィナロイドに替える男性も増えてきています。オオサカ堂やJISAのユーザーレビューでも効果に差はなく、発毛効果を実感できたとの口コミが多数寄せられています。

フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品で、どちらも同じ部分であるフィナステリドを1mg含んでいます。価格の面では、フィナロイドはプロペシアの約10分の1の値段で購入することができます。フィナロイドは、フィリピンのロイド・ラボラトリーズ社が開発したAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。

男性ホルモンであるDHTは、胎児の男性器の変換に重要な役割を果たします。そのため、男の子をa妊娠している女性は、フィナステリドを服用すると、胎児が男性器を正常に発育させる能力を失う可能性があることに注意する必要があります。フィナステリドと同じ成分の薬に「フィンペシア」というものがあります。多少の違いはありますが、フィナロイドの方が価格が安いため、フィンペシアからフィナロイドに置き換える方も多くいらっしゃいます。

フィナロイドの有効成分であるフィナステリドは、男性型脱毛症AGAの発症原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の効き目を抑え、抜け毛の症状を緩和します。フィナロイドは、フィリピンの有名な製薬会社であるロイド・ラボラトリーズ社が販売するプロペシアのジェネリック医薬品です。有効成分や効能・効果とされるものなど、すべての面でプロペシアと同等です

フィナロイドにはDHTの生成を抑制する効果がありますが、ミノキシジルには血管を発達させて髪の毛の血行を良くし、栄養分や酸素が立ち寄って髪の毛に届くようにする効果があります。DHTは頭皮の血管を収縮させ、髪に栄養や酸素が届かなくなります。フィナステリドはDHTの生成量を減らすことで、AGAの症状を再確認することができます。フィナステリドは人の皮膚から染み出るので、妊婦さんは我慢するだけでなく、触れないように注意する必要があります。

フィナステリドは、抜け毛を抑制する内服薬で、日本国内で流通しているプロペシアやフィナステリド錠と同じ成分を含むジェネリック医薬品です。有効成分であるフィナステリドは、男性のAGA(男性型脱毛症)の進行を抑える効果があります。フィナステリドは、ヘアサイクルを正常な状態に戻すことを目的としたAGA治療薬です。抗アンドロゲン剤(抗男性ホルモン剤)であるプロペシアと同じ成分を含む薬で、見たことのない赤い色の丸い錠剤が特徴です。

筋肉の成長や髪の毛の成長、肉欲の増大などを促す男性ホルモン「テストステロン」は、体内の5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、強力な男性ホルモン「DHT」に変換されます。フィナステリドは、この5αリダクターゼを阻害することで、DHTの生成量を減らします。なお、フィナステリドは5αリダクターゼの2型のみを阻害し、1型も阻害するデュタステリドとは少し効果が異なります。