ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

 

 

ミノタブの説明【ジェネクリ・aga】

「ミノタブ」こと「ミノキシジルタブレット」は、AGAを劇的に改善するとされる飲む発毛剤です。従来のローションタイプと違って錠剤を飲むだけなのでヘアセットの邪魔にならないなど多くのメリットがあります。ミノタブのジェネリックでは、タイ製の「ノキシジル」(Noxidil)という商品が定番となっています。5mgと10mg版がありますが、2.5mgはまだ発売されていません。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、発毛を育むミノキシジルを有効成分とする男性型脱毛症の治療薬です。成分量が2.5mg、5mg・10mgのアイテムがあります。細胞の再生を破壊する毛母細胞の緊張を抑え、毛母細胞を活性化させることで、頭皮環境を良好な状態に導き、発毛を促す作用があります。

攻撃用のミノキシジルと防御用のフィナステリドということで、男性の場合は抜け毛をなくす作用を持つフィナステリドのAGA治療薬と併用するのが普通です。フィナステリドと併用して抜け毛をなくすことができます。ミノキシジルは、血管を拡張し、毛細血管を通じて毛乳頭に栄養を供給することで発毛を促進します。毛根にある毛乳頭は、ヘアサイクルを司る5大器官です。ここに栄養が多く浸透すれば、生き生きとした髪が育ちやすくなると言われています。逆に、頭皮部分の血流の流れがおかしくなると、育毛はうまくいきません。

ミノタブは、有効成分としてミノキシジルを5mg配合した経口パターン育毛剤です。ミノタブは、有効成分として5mgのミノキシジルを含む経口育毛剤です。頭皮の細い血管を拡張して血行を促進し、毛根に働きかけやすくして細胞を活性化することで、発毛・育毛に効果を発揮します。主にAGA(男性型脱毛症)の治療に用いられます。ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、従来の外用育毛剤よりも効果が高く、何よりもその服用方法の手軽さが人気の理由の一つです。

ミノタブには有効成分ミノキシジルが配合されており、血行を促進することで、頭皮や毛根を刺激し、発毛を促します。通常使用される外用薬とは異なり、ミノキシジルの成分が体内から知識を得ることを期待して、髪の毛に効果的に働きかけます。そのため、これまで外用薬の効果が薄かった生え際にも効果があると考えられています。ミノタブは、バラバラになったヘアサイクルを正常化し、発毛を促す効果が期待できます。しかし、フィナステリドのように抜け毛を防ぐ効果はありません。

ミノキシジルを服用することで発毛が期待できるのは、血管が豊かになることで血行が良くなり、栄養分が髪の毛に訪れて届くようになるからです。これにより、髪の毛が丈夫に育ち、さらには眠っていた髪の毛を呼び覚ますことができ、発毛を促すことが期待できます。このように、髪の毛の成長を促すためには、髪の毛に栄養を行き渡らせることが大切です。