アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

アジー250mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

アジーの解説【通販 チャレンジャー】

ジスロマックジェネリックのアジー(Azee)はベストケンコーやオオサカ堂、お薬なびなどの通販サイト(個人輸入を代行してくれるショップ)から購入可能です。世界的なメーカーであるシプラ社が製造しており、初めてお使いの方でも安心して使用できます。送料無料でアジーを通販できるベストケンコーなどから注文するのがおすすめです。

アジーは、アジスロマイシンを有効成分とする抗生物質で、マクロライド系に二分されているジスロマックのジェネリックです。女性は接触感染に気づかないケースが多いので、独特の臭い(悪臭)が気になるお客様や、性感染症や痒みレベルが気になるお客様は、ぜひお試しください。また、行為の前に服用することで保護効果が得られます。

アジーの有効成分は、7日から10日の期間、血液中に蓄積され、一定の厚さの薄さを維持します。そのため、より長い期間作用することができますが、アルコールで補うとアジの効果が薄れてしまいます。抗菌作用が発揮されずに症状の再確認に時間がかかる可能性があるため、アジーを服用してから10日間は飲酒を避けてください。主成分のアジスロマイシンは、性感染症による細菌を治療する薬で、淋病、梅毒、性器クラミジア感染症における広範囲の接触感染とそれに伴う炎症の治療に使用されます。

また、淋病、梅毒、性器クラミジア感染症の治療にも使用されます。介護病棟でも処方されている「ジスロマック」と同じ成分のアジスロマイシンを配合しています。アジスロマイシンは、クラミジア、淋病、梅毒などの性感染症以外にも、インフルエンザ、歯周病、膀胱炎などの原虫の働きを抑制する目的で使用されるほか、耳鼻咽喉科領域の治療にも使用されるなど、幅広い用途があります。

細菌の接触によって引き起こされる性感染症には様々なものがありますが、アジーはできるだけ多くの細菌に効果を発揮することを目的としているため、クラミジア以外の性感染症の治療にも推奨されています。

アジーは、インドの大手ジェネリック医薬品メーカーであるシプラ社が製造しており、精度の高さから高額での販売が準備されています。アジー1000mg錠は、1回の服用でクラミジアを治療できることを謳っていることに加えて、飲み忘れの心配がないこと、また、アジー1000mg錠を多くの容量で使用している場合には、少量を納得して服用する心配がないことなど、さまざまな特徴を持っています。薬を飲み忘れると、菌が跳ね返す力を持ってしまい、薬が効かなくなる可能性があるので、抗生物質の飲み忘れは、治療が効く時と効かない時を左右する重要な問題です。

アジー1000mgは、クラミジア、淋病、梅毒などの性感染症の治療に使用されるジスロマックのジェネリック医薬品です。アジーは約1錠の中に含まれる成分の濃度が高いため、持続性が高く、早く治すことができます。症状が良くなっても菌が潜伏していて再発する可能性があるので、完治しても1週間は薬を飲み続けることをお勧めします。アジーはジスロマックのジェネリック医薬品で、低価格で購入することができます。先発薬の後にジェネリック薬が来るので、展開コストをリーズナブルに抑えることができ、薬自体の価格も勉強できます。改めて、通販で購入する際の個人輸入代行サイトの利便性も大きいと思います。