ビセレクト5mg(メインテート・ジェネリック)

 

 

 

 

 

メインテートの説明【通販ノワール】

メインテートは血圧や心拍を落ち着けるお薬ですが、緊張状態を和らげる目的で使用される方も多いです。メインテートはジェネリックの「ビセレクト」(Biselect)という商品を通販で購入できます。オオサカ堂やJISA、オランダ屋などの個人輸入代行サイトで取扱があります。

メインテートは、心筋のアドレナリンβ1受容体と心臓のストレス摂取系を遮断することで、気持ちを落ち着かせる作用を発揮します。また、作用時間が長く、1日1回の服用で治療効果が得られる点も評価されています。ビゼレクトはメインテートのジェネリック医薬品で、有効成分はビソプロロールフマル塩酸塩です。

メインテートは、高血圧や狭心症と呼ばれるものに好転反応を示します。この薬は、即効性も持たせる以外に、毎日継続して飲むことで形成することができます。そのため、途中で用意したり、急に中止したりしないようにしましょう。

β-2受容体をブロックすることで、血管の拡張を穏やかに止め、血圧の上昇を抑えることができます。β1受容体に選択的に作用するBiSelectは、このようなβ2遮断の厄介な作用を避けながら、高血圧や狭心症を改善することができます。また、過剰な心拍動を抑制することで、血圧異常だけでなく、狭心症、不整脈、慢性心不全などの治療にも用いることができます。その信頼性の高い効果は世界中で認められており、1日1回服用するだけで、24時間満足のいく余韻を得ることができます。

メインテートは、血圧を上げる神経の働きを抑えることで、心臓からの血液の拍動回数(心拍出量)を減らし、さらに血管の萎縮を弱めることで、血圧を下げ、血液の循環を便利にします。これらの薬剤は、特に心臓において、いくつかの神経のインパルスに対する体の良い返事に影響を与えることで作用します。

メインテートは、交感神経系のβ受容体遮断薬に分類され、β1アドレナリン受容体遮断の選択性を高めたことにより、精神的血管障害の治療に使用されています。β1アドレナリン受容体遮断の選択性が高いことから、精神的な血管疾患の治療に用いられる。心拍を抑制することで心臓を休ませ、血圧を下げる効果がある。メインテートは、心臓の働きを軽くしすぎる薬で、高血圧、狭心症(心臓による胸の痛み)、不整脈などの治療に用いられます。同様に、将来の心臓発作の抑制や片頭痛の予防にも有効です。

メインテートは、本態性高血圧、狭心症、心室性期外収縮や頻拍などの不整脈、他の慢性心不全治療薬を服用中の慢性心不全の治療に使用されます。つまり、高血圧、狭心症、心臓や血管の状態を改善する薬で、心臓の足の動きを抑えることで、心を落ち着かせる効果があります。また、バイセックによる反芻の逃避により、心臓が適切な時期を待つようになり、狭心症などの心臓病に効果があります。

有効成分のビソプロロールは、交感神経のβ受容体遮断薬の仲間で、心臓の仕分け血管にのみ作用するため、気管支への目立った好影響はなく、喘息を誘発しにくいという特徴があります。特に、β1アドレナリン受容体遮断の選択性が高いことから、血管系疾患の治療に用いられます。