ノルバスク10mg

アムリップ10mg(ノルバスク・ジェネリック)

 

 

 

 

 

 

ノルバスクの説明【通販エンペラー】

降圧剤のノルバスクはファイザー社が開発し、海外製品をネット通販で購入することができます。ファイザーの先発品の他、アムリップやアムロガードなどの格安ジェネリックも通販可能です。先発品でもまとめ買いすれば1箱1,000円以下でご購入いただけます。

高血圧には自覚症状がありませんが、血管にストレスがかかっている状態が慢性的に続いていると見ることができ、放置すると心臓病や脳卒中を引き起こす可能性があると言われています。ノルバスクは、血管を広げることで、血液の循環を良好に感じさせ、血液や酸素の読み込みをスムーズに変換します。血圧が上昇すると、脳卒中や心臓病、腎臓病などを予防する効果があります。また、心臓の萎縮を抑え、心臓を休ませる効果もあります。

血圧とは、血液が心臓から書き込まれて送り出されるときに、動脈の閉塞部にかかるフラストレーションのことです。高血圧とは、血液量の増加、長時間の緊張、特定の血管に余裕がないことで悪化する、生命を脅かす血流への圧力のことです。カルシウムには、筋肉を小さくする働きがあります。血管の筋肉もカルシウムによって収縮します。この収束により、血管が収縮して高血圧となる。有効成分のアムロジピンは、このカルシウムの働きを阻害し、血管を広げて高血圧を改善します。

即効性の持続と服薬の正常化を両立させたノルバスクは、疑う余地のない血圧を長期間維持しなければならない高血圧治療の主力薬として広く使用されています。ノルバスクは、ファイザー社が販売している医薬品で、高血圧や狭心症の治療に用いられています。総ての有名な薬剤はアムロジピンで、降圧効果が高く、副作用が少ないことから、何よりも選択薬としてこの病気に苦しむ多くの人々に投与されている薬剤と同じです。

ノルバスクは、高血圧治療の第一選択薬であるカルシウム(Ca)拮抗薬で、ファイザー社が創製・販売しています。ノルバスクは、心筋に酸素と栄養を豊富に含んだ血液を運ぶための冠動脈の血流の発達にも有効で、高血圧だけでなく狭心症にも適しています。有効成分のアムロジピンは、カルシウムが血管の細胞に入る方向をブロックすることで、カルシウムの働きを抑制します。これにより、血管が広がり、高血圧の改善や狭心症の予防につながります。

服用後すぐに効果が現れ、6~8時間かけて徐々にピークに達します。効果は徐々に低下しますが、有効成分であるアムロジピンは血液中に36時間残存し、服用後24時間までは十分な降圧力を発揮します。高血圧症治療薬は作用機序によって数根に分類されており、ノルバスクはカルシウム拮抗薬のグループに入ることになっている。これは、カルシウムイオンが血管を作る際に絡みつき、血圧を上昇させる要因となることに基づいています。

ノルバスクを服用できる軽度・中等度の本態性高血圧症患者の割合は85.8%(544名の有名患者のうち467名)です。544名の愛称のうち112名が、高血圧治療におけるノルバスクの原理的な能力を検証した結果、2.5mgまたは5mgの錠剤を1日1回服用することが妥当であると判断されました。