ノベロン(マーベロン・ジェネリック)

フェミロン(マーベロン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

マーベロンの説明【通販エージェンシー】

低用量ピルのマーベロンは、トリキュラーと並んで個人輸入通販で人気の商品。「ノベロン」や「ジュリアナ」などのジェネリック版も人気で、ベストケンコーやオオサカ堂では1ヶ月分を1,000円を切る価格で通販できます。12ヶ月分(1年分)まとめ買いすれば非常にお買い得となっています。

マーベロンの有効成分は、黄体ホルモンであるデソゲストレルと卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールです。マーベロンは、避妊効果に加えて、ホルモンバランスが安定することで、月経痛(月経痛)、貧血、月経不順の再考、月経血の緩和、子宮内膜症、更年期障害などの予防効果が期待されています。

低用量ピルは同じ日に継続して服用する避妊薬ですが、ホルモン容量が途中で変化する三相性の低用量ピルとは異なり、ノベロン(無立証率エロン)0.15mg+0.03mgは摂取時のホルモン容量が一定の一相性タイプです。失敗を気にせずに服用することができます。低用量ピルは、排卵を制限することでホルモンの流れがゆるやかになるため、PMS症候群(月経前不快感障害)を改善します。そして、服用している間は、子宮内膜が厚くて使い物にならないうちに月経が起こることを目標に、月経血の量や間隔を緩めて、月経痛や月経不順の解消につなげます。

マーベロンを飲み続けると、女性ホルモンが補充され、排卵を防ぎ、受精卵が体内に入るのを防ぎ、小さな精子が体内に入るのを防ぐことができます。女性の体はホルモンのバランスによってコントロールされていますが、ピルで女性ホルモンが補われると、体の経済が避妊に適した状態に変化します。2回飲めばいいという手軽さと、21錠すべての成分数が同じ(一相性)であることが特徴です。

低用量ピルは、従来のピルに比べて吐き気や不正出血などの副作用が少ないため、ピルの副作用が気になるお客さまにおすすめです。同様にマーベロンは、女性の天敵であるニキビを治す貧血効果が認められており、女性科だけでなく皮膚科でもマーベロンが処方されることがあります。また、マーベロンではありませんが、日本では子宮内膜症に伴う月経困難症に保険適用されている錠剤があります。

低用量ピルは、排卵を抑制することで、卵巣や子宮を休ませ、ホルモンバランスを保つことができます。そのため、低用量ピルは避妊効果以外にも大きなメリットがあります。例えば、月経困難症、PMS(月経前症候群)、子宮内膜症、更年期障害、難治性のニキビなどに高い有効性が認められています。妊娠を希望する場合は、低用量ピルを中止すれば、2以降6ヶ月以内に排卵が再開されます。

マーベロンには、有効成分として黄体ホルモンのデソゲストレル0.15mgと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオール0.03ngが配合されています。マーベロンのジェネリック医薬品であるノベロンは、先発品と同じ成分・効果で、より低価格で購入することができます。低用量ピルは子宮の生態を改善し、たくさん休んだ卵巣が卵子を作りやすくするので、ここで妊娠したいと思ったときに妊娠しやすい状態にもなります。