トリキュラー21(低用量ピル)

アイピル(アフターピル)

 

 

 

 

 

トリキュラーの説明【通販ショッパー】

低用量ピルのトリキュラーはネット通販で購入するのがお得です。海外製品を個人輸入することができ、1年分まとめ買いすれば1ヶ月分が800円ほどになるショップもあります。クリニックでは一度に長期間の処方はできませんし、値段もかなり高額になります。ベストケンコーやオオサカ堂、オランダ屋などでトリキュラー21・28は通販することができます。

トリキュラーを服用すると、排卵が起こらず、ほぼ確実に妊娠を防ぐことができます。ホルモンの分泌量をセーブするおかげで、月経回転が落ち着き、血液量を差し引き、月経痛を軽減するのにも役立ちます。トリキュラー21は、世界的に有名な低用量ピル(経口避妊薬)です。低用量ピルは、女性が自分で妊娠・出産をコントロールできるようにするための女性ホルモン製剤で、低用量ピルの避妊可能率は、正しく服用していればたまに100%になる程度です。

月経間隔が乱れると、ホルモンバランスが崩れて情緒不安定になったり、肌荒れなどのトラブルが起こります。トリキュラーを服用することで、月経の流れが正常に戻り、体に良い影響を与えることが期待できます。トリキュラーは、1999年に日本で初めて処方されました。それ以降、ほとんどの産婦人科医院で取り扱われ、混合されています。

トリキュラーは、1979年に世界で初めて実現した三相性の低用量ピルです。三相性低用量ピルとは、大きさの異なる2種類のブランドの女性ホルモン剤を3錠ずつ、一定期間ごとにのみ服用する低用量ピルのことです。このピルを2日間かけて服用することで、排卵を抑制し、受精卵が育ちにくい状態にすることができます。排卵を抑制するということは、妊娠中に二度と妊娠しないという人間の特性を利用して、すでに妊娠している姿の「似たような妊娠状態」を作り始めるということなのです。

ホルモンバランスを整えることで、排卵を抑制し、受精卵の着床を防ぎ、小さな精子の流れを止めるという3つの働きがあります。トリキュラーは、排卵後に女性の体内で起こる準備に似ているため、トリキュラーはホルモンの割合を調整し、体を妊娠初期に近い状態にすることで、確実な避妊を可能にします。

トリキュラー(21錠)は、バイエル・シェリング・ファーマ社から正式な発明ライセンスを受けているザイダス・カディラ社が製造しています。日本で処方されているトリキュラー錠とは異なる、簡略化されたパック製品です。成分や効果は同じなので、安心して購入することができます。

日本の産婦人科医院での処方が可能な点で、特にジャンボな低容量避妊薬(低用量ピル)です。三相性のため、ホルモンの分泌が概ね自然な規則性に沿って行われ、体に負担をかけない低位避妊薬として知られています。トリキュラーの主な副作用は、悪心、頭痛、吐き気、胃痛、吐き気、乳房の弾力性などです。これらの症状は軽度で一時的なものなので、身体的に慣れてしまえば感じなくなるでしょう。