ゼニカル(オルリスタット120mg)

オルリファスト(ゼニカル・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ゼニカルの説明【通販くすりロイヤル】

ゼニカル(Xenical)は国内では認可されておらず、入手するには海外製品をネット通販で個人輸入する必要があります。オオサカ堂やオランダ屋、お薬なびではジェネリック版の「オルリファスト」や「オルリガル」などのリーズナブル製品も多数取り揃えています。

ゼニカルの有効成分であるオルリスタット120mgは、審査が厳しいとされる米国食品医薬品局(FDA)の承認を得ており、脂肪を分離する酵素であるリパーゼの働きを阻害することで、脂肪の分離を防ぎます。また、脂肪を分離する酵素であるリパーゼの働きを阻害することで脂肪の分離を防ぎ、脂肪を食べる物質を体内に取り込まずに体外に流すことができます。

ゼニカルは体が油をつかまないように設計されており、β-カロチンやビタミンA、D、E、Kが溶けて浸透した脂肪も体外に排出されてしまいます。ゼニカルを服用している方は、栄養失調にならないように、必ずビタミン剤を摂取してください。米国で行われた臨床試験によると、1年間食事制限なしでオルリスタットを服用した成人の60%が、体重を約5%減少させることができました。また、そのうち27%は10%近くの減量に成功しました。

ロシュ社が開発した太り過ぎ治療薬で、市場では17カ国以上で承認されていますが、最近でも日本では承認されていません。そのため、他国から個人輸入する必要があります。海外でぽっちゃり治療薬として使用されているゼニカルは、有効成分としてオルリスタットを含むダイエット薬です。

有効成分オルリスタットの、脂肪を細分化する酵素リパーゼの動きを低下させる作用により、寄付金の中の脂肪分を腸内で自分のものにすることなく、便として体外に押し出すことができます。体内に浸入した脂肪は、リパーゼという酵素の働きで分割される可能性が高いのですが、リパーゼの働きを阻害して脂肪の細分化を抑制することで、体のボリュームをおよそ30%切り詰めることができます。

痩身薬の中でも特に人気が高く、外来でも使用されています。42錠はデルファーム社、84錠はチェプラファーム社が製造しています。84錠のゼニカルを同じ日に服用しても体重は減りますが、脂肪が軽視できない急な飲み会や食事会でも、脂肪分を気にせずに飲んだり食べたりできる点が評価されています。それに加えて、ゼニカルを使い始めると、便意や酔いの発生率が高くなったり、便意が急に起こったりすることがあります。これは、ゼニカルが油分の吸収を妨げる働きをするため、油分を含んだ便が出てしまうためです。

ゼニカルを服用する際は、脂肪分の多い食べ物が多い食事中に服用するしかありません。主成分のオルリスタットは、体内に蓄積された脂肪を体が記憶するのを防ぐので、異常な食事制限をしなくても、理想の体を手に入れることができるのです。脂肪の補充を最大30%減らすことができることが確認されています。脂っこいものをよく食べる人にとって、ゼニカルは何もしなくても脂肪の量を減らすことができます。